「聞き上手」

(この記事は3月14日に投稿した「Good Listener」の日本語版となります。 This is the Japanese version of the article “Good Listener,” posted on March 14th )

会話をするコツとして「聞き上手」である事が求められる傾向にあるようだ。
確かに、相手が話している内容にきちんと耳を傾けることは大事だと思うのだが、ただ「聞く」だけではないような気がしてならない。

何故そのようなことを言うのかというと、自分は非常に内向的気なので「黙って聞く」のは得意中の得意なのだ。・・・ただ、相手に話す気がある場合に限り。w
必ずと言って良いほど人と会話をしているうちに(相手の話題が尽きてしまったり、もしくは向こうも内向的な性格であった場合)間が空いてしまい、非常に気まずい。
「聞き上手」であるはずなのに、「会話」がとてつもなく下手くそなのだ。wwww

そこで、最近気づきを得たことがある。

日本語で言う「聞き上手」と言う言葉は「ただ黙って聞く」ではなく「質問をする」という意味合いが含まれている。
英語の「interviewer」という言葉が日本語では「聞き手」に相当することを最近学んだ。
つまりは、人が話しているときにただ静かに聞いているだけではなくて、相手が話しを続けたくなるように質問を「聞く」ことが上手い人が求められているのだ。

今度、会話に間が空いたときには頑張って質問をしてみよう。

この気づきが他のだれかにも役に立つことを願って。:)

-AJ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *